本文へスキップ

新しい視点でパラリーガルへの支援をする JPEA



パラリーガル検定(パラ検) 「パラリーガル検定」「パラ検」はJPEAの登録商標です





パラリーガル検定(パラ検)とは

 「パラ検」とは、「パラリーガル検定試験」の略称です。法律知識の知識量とともに、法律事務の実務能力を客観的にスコアで判定する試験で、法律事務所、司法書士事務所、企業の法務部などに勤務する方々、法律事務所や司法書士事務所への就職を希望する方々、さらに、法律事務能力を習得したいと考える方々など、広く一般の方々を対象とした試験です。
 
 受験資格はありません。現役の法律事務職員、法律事務所に就職・転職希望の学生・社会人、その他法律事務に興味のある人ならだれでも受験できます。

 受験方法は、ネット上で可能なので、パソコンがあれば、いつでも誰でも受験できます。

パラリーガル検定(パラ検)受験コースの種類

 「パラリーガル検定(パラ検)」は、以下のコースが受験できます。
  1. 初級
  2. 中級
  3. 上級
があります。

 「初級」コースは、法律事務を行う上で基礎と成る「法律用語」と「条文」のテストです。 「法律用語」のテストは、主に民事訴訟・刑事訴訟で常用される法律用語の意味を問うもので、「条文」テストは、民法、民事訴訟法、民事訴訟規則、刑法、刑事訴訟法、刑事訴訟規則の条文の文言、趣旨を問うものです。 どちらも、法律事務を行ううえで基本となる知識です。

 「中級」コースは、法律事務を行う上で必要となる法律知識を問うもので、「民事実務」「民事訴訟」「民事保全」「民事執行」「破産・再生」「家事手続」の各科目毎に基礎知識を問うものです。

 「上級」コースは、中級コースと同じ科目で、法律事務について中級コースよりも深い知識を問うものです。法律事務職員として経験を積むと必要となってくる知識を身につけることを目的としています。

受験方法

   受験資格はありません。どなたでも受験できます。

 「初級」コースは、受験登録なしで、どなたでも受験できます。
(バナーをクリックして下さい)



「中級」コースと「上級」コースは、受験登録を行い、IDとパスワードを取得して、受験して下さい。


NPO法人 法律専門秘書教育協会(JPEA)

〒602-0000
京都市上京区丸太町通千本東入中務町
491番地47 SKビル4階